スポンサーリンク

会社を退職するときに注意すること

Pocket

会社を退職するというのはなかなか大変なものです。

会社都合で会社を辞めてくださいといううのであれば、堂々と退職できますが、後の就職を考えると暗い気持ちになります。

自己都合で退職したいとなると厄介な場合もあります。

もし仮にその会社の社長がやめてほしいと思っていたなら簡単にやめれるでしょう。

やめてほしくないと思っているなら引き止められるし、「待遇をよくするから残ってほしい。」との話もあるかもしれませんが引き止めに応じなければ大丈夫でしょう。

一番面倒くさいのが、会社の経営状態がよくなく、パワハラ気質の社長の場合は面倒です。会社の経営状態が悪いのは明らかに社長の責任です。

そういったパワハラ社長は、「できれば考え直してほしい。」とは言ってきますが、こちらが辞めるという意思を曲げないと嫌がらせをしてくる可能性があります。

パワハラ社長は、「誓約書にサインをしてほしい。サインしてもらわないと困る。」、といううような感じでサインをせざるを得ない状況にもっていきます。

誓約書なんかにあまり詳しくない方はうっかりその場の状況でサインしてしまいます。

誓約書とはこんな書式のものです。

退社時に提示される誓約書

会社の秘密を漏らすなとか、同業種には就職しないとかの内容です。

こういった誓約書にはサインせずに断りましょう。

誓約書へのサインは義務ではないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク