スポンサーリンク

営業のお仕事

Pocket

コロナ過のこういった状況ですが、会社を運営するにあたって営業という部門は必要不可欠なものです。

営業という立場は、その企業の中でも一番といっていいほど重要度が高いです。

物を売る企業だったら、物が売れないと利益が出ることはありません。

工事をする業者さんだったら、営業さんが仕事をとってこないと従業員さんは給料がなくなります。

補助金や、助成金をあてにして営業利益の穴埋めをしていても、本当の意味での企業の力になりません。

本質的な営業利益が黒字でないと会社としての体力はないですし、営業マンは責められるばかりです

営業という立場は責任が大きいのは事実ですね。

その分、給料も他の部門の人より高額でそれが普通だと思います。

頑張った分跳ね返りがある。

それは営業職としての魅力ですね。

営業職として転職を考えている方は、その企業がどういった給与体系かをよく理解したうえで就職を希望しないといけません。

いくら頑張っても給料がかわらないでは、営業マンさんは戦意喪失しますし、不満がでてきます。

そういった会社では長続きしないでしょう。

営業職に転職する際は、転職を希望する企業をよく知ることが大切だと思います。

就職した後、「話が違う。こんなはずじゃなかった。」というようにならないようにしましょう。

20代の営業転職に特化した転職サポートの人材紹介事業者を紹介いたします。

元トップ営業、最年少営業マネージャーなど営業で成果を上げた キャリアアドバイザーが営業職への転職をサポートしてくれるということです。

20代営業特化型転職サービス+【ベンチャーセールス】

ころな過といっても経済は回っていかないといけないし、営業という仕事がなくなることはあり得ないと思います。

私も営業職に努めていますので。

営業は大変な部分もあるけど、成果が出た時のうれしさは大きいですヨ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク